学生におすすめの派遣会社

学生におすすめ!派遣アルバイトのお仕事

学生さんがお金を稼ぐ場合はアルバイトが一般的ですが、登録制の派遣会社を活用した働き方には、普通のアルバイトには無いさまざまなメリットがあります。ここでは学生さんが派遣アルバイトをするときの仕事内容から給料、普通のアルバイトとの違いなどをまとめました。

学生がする派遣アルバイトの仕事内容

社会人としての経験が求められる派遣とは少し違って、学生さんができる派遣アルバイトは来た日にすぐ覚えられる仕事内容が多くなります。代表的なお仕事についてみていきましょう。

テレフォンオペレーター・テレマーケティング・コールセンター

電話やFAX、メールなどを使って、お客さまからの注文を受けたり、問い合わせに対応したり、顧客のニーズをヒアリングしたりするお仕事です。

イベントスタッフ

コンサートや花火大会、フェス、販売会などの裏方スタッフとしてイベントを支えるお仕事です。会場の設営、お客さんの誘導、グッズ販売などを行います。

販売スタッフ

携帯電話の販売や新機種の案内、キャッシュバックキャンペーンなどの短期的なPR活動が主な内容です。携帯ショップ、大型家電量販店、流通系の量販店などでのお仕事が多くなります。

キャンペーン業務

飲料水、お菓子、健康食品などを試食してもらうことで、知名度を上げたり商品の良さをアピールしたりします。余ったサンプル品や試供品をもらえることもあります。

倉庫内作業

ベルトコンベアーから流れてくる商品の仕分け(ピッキング)、梱包、ラベル貼りや検品などを倉庫内で行います。扱う荷物は食品、雑貨、日用品など様々で、淡々とした作業になります。

引っ越し業務

ダンボールや家具、家電などをトラックに積み込み、搬入先の新居などに運び入れます。一般家庭の引っ越しだけでなく、事務所の移転業務を手伝うこともあります。

試験監督

試験の問題を配ったり、注意事項を説明したり、不正を監視したりするお仕事です。前日の会場準備をしたり、業務研修を受けたりすることもあり、それぞれ時給が発生します。

研究開発関連

実験などの経験や知識があれば、研究開発や分析、新薬の臨床などのお手伝いをするお仕事もあります。無料の研修を受けられることも多く、スキルアップに繋がります。

学生の派遣アルバイトの勤務する日や時間帯

研究開発関連など一部の職種を除き、長期で勤めるケースは稀です。多くの学生さんは週末や空いた時間に単発の派遣アルバイトで働きます。また、春休みや夏休み、冬休みといった長期休暇に短期派遣で勤務するケースもあります。

時間帯は日中が多くなりますが、人が不足する早朝や夕方から夜間などの求人もあります。授業の時間帯やサークルの活動時間帯を避けるなど、個々人の都合に合わせた時間帯に働けます。

学生の派遣アルバイトの給料

都道府県や勤務する時間帯によって差はありますが、時給は1,000円〜1,500円程度が多くなります。日給は1日がかりだと8,000円〜1万円超、半日だと4,000円〜6,000円ほどが相場です。

昔は学生さんが働く理由としてお小遣い稼ぎが挙げられていましたが、最近は学費を自ら稼ぐためという理由も多くなっています。派遣に登録して週末と空き時間で週に2〜3日、1回4〜8時間働くと、ひと月に約2〜3万円ほどのお給料を得られるでしょう。

学生が派遣アルバイトとして働くメリットとデメリット

派遣でのお仕事ならではのメリットとデメリットがあるため、詳しくみていきましょう。

メリット

給料が高めなので連続でこなせばかなりの収入が得られるほか、毎回のように職場や仕事内容が変わるため、新しいことに次々とチャレンジできるのがメリットです。もちろん、単発の派遣ならではの、都合のよい日に都合のよい時間だけ働くこともできます。

さまざまな職場で働くことで社会人としての経験を積めるため、視野が広がるとともに一般常識が身に付き、就職活動に有利に働く可能性もあります。コールセンターでの電話対応のノウハウなど、社会に出てからも役に立つスキルを身につける事もできます。

デメリット

フルタイムが可能な派遣登録者に比べるとお仕事紹介を受けられる可能性が低くなることがデメリットとして挙げられます。

単発のお仕事を入れる場合は、うまくお仕事が見つからないと収入が不安定にもなります。仕事内容が変わるだけでなく一緒に働く人の顔ぶれも変わることから、コミュニケーション能力が低い人には厳しいかもしれません。

学生の派遣アルバイトがおすすめの方

若さゆえの元気やパワーを発揮できる学生さんに派遣は向いています。大学生が多い短期イベントスタッフに応募すれば新しい人にたくさん出会えるため、友人を増やしたい人や、異性との出会いを期待する人にもおすすめです。短期でお仕事が終わるため、バイト先の人とあまり交流を深めたくない、人付き合いが面倒くさい人にも合っています。

日雇いの派遣は採用基準が緩いため、アルバイトを見つけにくい大学4年生などが就職までの期間働きたい場合にも適しています。

学生が働くなら派遣とパートやアルバイトとどっちがいい?

派遣なら時給や待遇の良い、アルバイトではなかなかつけない仕事も選ぶことができます。働く前から辞める日が決まっていて、自分のスケジュールに合わせて働け、長期アルバイトのように試験期間でもシフトに入るように頼まれることや、前もってのシフトの提出によるスケジュールの拘束などもありません。

単発の派遣では長期アルバイトに比べて長い時間をかけて特定のスキルをじっくり身につけることは滅多にできませんが、派遣会社の方がしっかりした待遇のことが多く、活用の仕方次第では色々と役立つこともあります。担当の営業さんに相談もできるほか、さまざまな職場で多くの大人とコミュニケーションをとり、実社会の厳しさ、楽しさ、生の情報などを得られるため、トータルでみるとパートやアルバイトより派遣の方が良いといえるでしょう。

学生が仕事を探すのにおすすめの人材派遣会社や求人サイトランキング

ここでは学生さん歓迎の派遣会社を3社ご紹介します。夏休みに入ってから登録しようとすると良い案件は早々に埋まって募集が打ち切られることもあるため、夏休み前の6月下旬から7月上旬くらいには派遣登録しておきましょう。

1位、ランスタッド

日本では知名度が低めですが、世界2位のトップクラスの人材サービス会社。単発の派遣求人がたくさんあり、地域ごとのお仕事件数が一目で分かりやすく表示される、単発の雇用形態による検索もできます。

ランスタッド派遣の画像
ランスタッドの詳しい内容はこちら

2位、リクナビ派遣

求人数が日本最大級の、学生応援の求人も多数掲載されているサイト。時給が高い求人や交通費支給の求人も多く、こだわり条件から学生応援の求人を絞り込めます。

リクナビ派遣の画像<
リクナビ派遣の詳しい内容はこちら

3位、ヒューマントラスト

学生さん向けのお仕事特集も組んでいる、学生歓迎の派遣会社。ケータイやスマホでお仕事が予約できるうえ、給料相当額の一部が最も早いとお仕事した当日に受け取れるサービスもあります。

ヒューマントラスト派遣の画像
ヒューマントラストの詳しい内容はこちら

まとめ

ここまで学生さんの派遣アルバイトのお仕事について読んでもらいましたが、いかがでしたか?

自分の都合に合わせて単発で働くことができて、時給が高いのが派遣で働くメリットです。じっくり働きたい学生さんには普通のバイトの方が合っているかもしれませんが、就活に備えたり、出会いを期待したりするなら、派遣を検討してみましょう。

今回ご紹介した「ヒューマントラスト」「リクナビ派遣」「ランスタッド」は、学生さんが派遣で働きたいときに登録するのにピッタリです。派遣に興味がある学生さんは登録を検討してみましょう。