仕事を楽しむ上司の詳細

> 仕事を楽しむ上司

仕事を楽しむ上司

"仕事上、たくさんの上司を見てきました。ふがいない部下である私は、上司らに歯がゆい思いをさせてきたのでしょう。思い出すのは、彼らとの苦々しいやり取りばかりです。
しかし、私にもビジネスリーダーとして尊敬できる上司がいます。その上司の特長は、いつも楽しそうに仕事をすることです。立場の上下を問わず社内のあらゆる人とコミュニケーションが取れる人でしたし、そのユニークなキャラクターから社外の人にも愛されていました。
その上司は、いつも楽し気に、仕事に向き合っていました。その様子を見ていると、結局、仕事は人間力なのだと思い知らされます。どれだけ仕事をこなす能力があっても、努力を重ねても、人との壁がある人は、物事をうまく進められないのだと。
たとえば、まだ煮詰めていないアイディアでも、その上司には少し相談してみたいという気持ちになりました。思いがけないヒントをもらえることが多かったのと、広い人脈を駆使して、思わぬところから助っ人を連れてきてくれることもありました。
ほとんどの上司は、仕事そのものに興味がなさそうに見えました。部下が抱えている仕事を、遠巻きに見ていて、事態が思いがけなく好転したときだけ、しゃしゃり出てきます。しかし、もし部下の抱える仕事が暗礁に乗りあげると、「そらみたことか」という顔をするのが常でした。
尊敬できる上司は、仕事の成果とプロセスは切り離すことができないものだと理解してくれます。だから、年齢を重ねても現場との温度差が少なく、最前線で活躍し続けられるのだと思います。"