仕事上で会った信用出来ない人とはの詳細

> 仕事上で会った信用出来ない人とは

仕事上で会った信用出来ない人とは

"仕事で面談をしている程度でそれほど親しくもない間柄であるにも拘わらず、お互いに知っている人の批判を展開する人がいます。聞いていて聞き苦しいものがあります。その人の人間性が疑われます。おそらくこの人は他の所でも私のことをこの様に話すかもしれないと思い信用できません。


面談の約束をしても時間に遅れてくる人がいます。その時だけではなく、毎回遅れます。おそらく時間を守るという観念の薄い人でしょう。相手を待たせるのは失礼に当たります。
そうかと思えば約束の5分前に相手のもとに着くように行く人もいます。約束の時間を守るということで信用が高まります。
実際、5分前の訪問で相手から「時間に正確な人は信用できる」と言われた人もいました。
時間にルーズな人は信用出来ません。


面談をしていて、この様にすることは無理ではないかと思われることについて、「やってみなければ解らないのでやりましょう」と言って薦められることがあります。例えば、代理店登録は厳しいと思われても、登録をしてみると言ったことです。
こちらとしては今までの経験上、出来ないと思っていますが、相手の人は余程の自信家か登録してみましょうと薦めます。
豈はからんや、やはり登録は出来ませんでした。理由は今までと同じです。
こちらとしては無理であろうと思いながらの手続きなので登録できない事は構いません。しかし、登録できなかったことが判明した時から、その人との連絡が取りにくくなり会いに来なくなりました。
このような営業マンは信用できません。二度と会うことはありません。


"